就活面接では見た目でもアピールしよう

就職・転職活動における面接は、最重要と言っても過言ではありません。

就職・転職活動の際の面接のポイント

就活面接では見た目でもアピールしよう 就職・転職活動における面接は、最重要と言っても過言ではありません。というのも、採用選考の過程に必ず面接があるからです。地方の中小企業においては、選考が面接のみ、という場合もあります。もちろん、書類選考や筆記試験を設けている所も多いですが、それは選考人数を絞るためにふるいにかけるためです。面接を制する者は、就職を制します。そこで、ここでは面接のポイントを挙げていきます。

まず、面接は第一印象が重要です。というのも、人間が相手に抱く印象は、初めに会った時にほぼ決まってしまうからです。しかも、視覚情報が印象のほとんどを占めます。ですから、外見の清潔さ、TPOを弁えた服装・髪型が必須です。堅い銀行などの職種では、きっちりとスーツを着て、男性であれば髭を剃り、髪を整え、女性であれば髪をまとめ薄い化粧をして行くと良いでしょう。逆に、アパレル関係の華やかな職種であれば、相応の服装や華やかな化粧で、飲食関係ならば爪を短く切るなど、業種や職種に合わせた格好が必要とされます。次に、視線の動きや話し方を見られます。緊張したり焦ったりすると早口になってしまいがちですが、心持ちゆっくりと、はっきり喋る練習をしておきましょう。視線は質問をした面接官に向けますが、他に面接官がいる場合は、ときどきで良いので全員に視線を向けるようにしましょう。

最後に、話す内容についてです。履歴書や職務経歴書を作成する際、面接での質問を想定しておくと後が楽になります。質問される内容は企業によってまるで違いますが、志望動機(なぜその企業なのか、その企業でどうなりたいのか)、自己PRは具体的なエピソードを用意し、答えられるようにしておきましょう。面接は緊張して苦手だという人が多いですが、回数をこなせば慣れてきて、すらすらと答えられるようになります。どうしても不安だという人は、公共職業安定所などの無料面接練習を受けて心の準備をしておきましょう。
Copyright (C)2019就活面接では見た目でもアピールしよう.All rights reserved.